Return to site

NY発、FITパーソンの食常識

ドリンク一杯から変えられる!逆輸入のライフハック。

· LIFESTYLE

人の生活を語る上ではずせないのが一日の大半を占める「仕事」「睡眠」そして「食」。

身体を形作る食が仕事の成果にも影響し、質の良い睡眠を生み出すとも言える。

この3つのバランスはとても重要で、何か一つの要素が崩れたり、突出しすぎてもライフスタイルに影響を与えると考えられている。

CPOINTSのファーストコレクションであるPink Camouflage Collection(ピンクカモフラージュ・コレクション)のデザインが生まれたのはアメリカのNY。

そのイメージは特大サイズのバーガーだったり、シュガーたっぷりのドーナツだったりする訳だが、反面食卓のベースを整える「素材」や朝一番に飲むドリンクにはこだわる人も多い。

パフォーマンスを大切に考えるビジネスパーソンにも重要な要素だ。

Peter Pan Donut & Pastry Shop公式instagramより

特に注目すべきなのは、日本のカルチャーである抹茶を利用したヘルス・マネジメントや、レシピの数々。

そのいくつかをいくつかの「キーワード+アイコニックなお店」とともにご紹介。

◆ヘルス・コンシャス(health conscious)

WASHOKU、EMOJIなど、日本語がそのまま英語として使用されている代表格として、MATCHAが挙げられる。ヨガに通うセレブリティが、抹茶ドリンク入のマイボトルを持ち歩いたのがブームの始まり。ワシントン・ポストの様なビジネス情報誌でも「健康トレンドとしてのMATCHA」が挙げられている。
 

“Meditation, matcha among top 15 wellness trends of 2016”
抹茶が2016年の健康に関するトレンドのひとつに選ばれています。
New York Business Journal

“Got matcha? Five healthy foods that will make their mark on 2016.”
2016年の健康食品のひとつに抹茶が選ばれています。
Washington Post

ニューヨークタイムスでも、Kathy Yl Chan(キャシー・イル・チャン)氏の様に、「お茶やホテルに関するコンサルティング」という分野が特集されているので、ここ数年NYピープルにとってのヘルシー食の重要性が伺える。

Kathy Yl Chan公式instagramより

◆カッティング・エッジ(cutting-edge)

NYで初の抹茶カフェとして、2014年の秋にオープンしたのがMatchaBar。ブルックリンのウィリアムズバーグという尖った地区にオープンしたという事と、ヘルシーな抹茶アイテムを可愛くデザインしたカップで提供するコンセプトが話題となる。

抹茶ドリンクによる癒やしや集中力向上などの効果をNYをはじめ、世界の多くの人々と共有したいと考えたのが始まり。

生まれも育ちも生粋のニューヨーカーだった若きファウンダー兄弟は、学生時代から重度のカフェイン中毒だった。ローワーイーストサイドにあるティー専門店で偶然飲んだ抹茶に感銘を受け、茶道を経験し、抹茶と恋におちたというストーリー。

Matcha Bar公式instagramより

アカデミック(academic)

NYのCHALAIT(シャレイ)をご紹介しながら、そのMatcha Barとのアプローチの違いを見て行こう。

CHALAITはNYのカフェシーンでも一際気になる存在。Matcha Barのエピックさとの決定的な相違は「アカデミックさ」にある。
MATCHA=コーヒーのreplacement(代替)/counterculture(対抗文化)と考えた時に、その存在価値はお洒落や美味しいだけではいささか約不足だ。
ウェルネスのエビデンスや、日本独特の文化を伝える「環境と質」を追求したのがCHALAITだった。

金融出身で、スカンジナビアの夫妻がキュレートする空間は、バリスタのライセンスや、日本への重なる買い付け、ブレンドへのこだわりで究極にアカデミックな空間に演出されている。

 

注記:CHALAITとは「お茶」と「ラテ」を掛け合わせたブランド名。韓国の「茶礼」(チャレ:宗代の中国が期限)、禅宗における日本の「茶礼」(されい)にも通ずる)

CHALAIT 公式instagramより

CHALAIの考えるMATCHAの効能には、ざっと以下の様なポイントが挙げられる。

-IMMUNE BOOSTER(免疫力向上)
-STRESS REDUCER(ストレス軽減)
-ANTIOXIDANT RICH(抗酸化作用が豊富)
-DETOXIFIER(デトックス効果が協力)
-SUSTAINABLE ENERGY(身体にも環境にも優しいパワー)
-BOOST METABOLISIM(代謝作用をアップ)
-IMPROVES CONCENTRATION(集中力アップ)
-LOWERS CHOLESTEROL(コレステロール値を下げる)
 

CHALAITパンフレットより

まさに現代人に必須の健康ポイント!
これだけの長所を兼ね備えたMATCHAを、NYの人にも抵抗感なく摂取してもらうには?

CHALAIT 公式instagramより

CHALAITの店舗内装とコンセプトは「ヘルシー」「フレンドリー」「アカデミック」「スカンジネイビアン」。
観光名所として有名なマンハッタンのチェルシー・マーケットにも出店して、世界中にその魅力を発信している。
また、世界で最も美しい女優と称えられ、実業家でもあるグイネス・パルトロウ(Gwyneth Kate Paltrow)のフェイバレットブランドとしてもピックアップされ、そのライフスタイルブランドである「goop」でもコラボレートしている。

MATCHAとともに、ウェルネスを象徴するアイテムとして取り上げられるアボカドのサラダ、ペイストリーやシリアル。

もちろんスイーツメニューも豊富で目にも鮮やかである。

◆コーヒーの代替品(Replacement of Coffee)

最後にCHALAITで感じた「MATCHAライフ」の魅力について。

何かにかこつけて毎日10杯以上がぶ飲みしているのがコーヒー。カフェインの継続摂取について、そう否定的ではないとしても朝の一杯がコーヒーという人は多いだろう。

そのreplacement(代替品)という言葉を聞いたときの衝撃は忘れられない。

同時に指さされたカップにはグリーンの液体、MATCHAがなみなみと注がれていた。

ELLEでも以前取り上げられていて話題となったのはファッション・ショーのバックステージ。
「美」を追求し、体現するモデルたちは既にMATCHAを愛飲し、携行しているとの事。

まだ「インスタ映え」という言葉がなかった時代ではあったが、欧米のMATCHAのネットショップが牽引役となりブームを進化させてきた。とりわけグリーンのMATCHと街を彩るデザインやカラーの相性がいい。

日本に馴染みのあるセレブ、グウィネス・パルトロウやジェシカ・アルバがこのMATCHA人気を更に後押ししている。
ジェシカ・アルバは美の秘訣はヴィーガンのプロテインにMATCHAを大量にミックスしたドリンクだと明言してる。

トーストにふりかけたり、スムージーに混ぜたり。

もちろん朝一のコーヒーの代わりにMATCHAドリンクと軽いメディテーション。


ただの抹茶で終わらない「進化系MATCHA」を片手に、FITパーソンを目指そう。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK